Skip to main content.


金属アレルギーでもデザインにこだわった結婚指輪をつくりたいと、個性を重視される方からオーダーいただきました。
ゴールドのパートと黒に近いダークグレイの面積比まで突き詰めて究極のバランスを決定して制作に入りました。

---指輪の素材について---
金属アレルギーに安全な金属として歯科医療の現場ではチタンが使われています。

ハイジュエラーによるチタニウム マイナーメタル


ハイジュエラーのメゾンの腕時計にはチタニウムタンタルジルコニウムが多く使われるようになり、認知度もあがってきたマイナーメタル。

ブレゲのチタンモデルをはじめとする数多くの老舗ジュエラーもチタニウムのメリットを活用されています。
例えばハリーウィンストンはジルコニウムをメインにアルミニウムをブレンドした金属"ザリウム"
などメゾン独自のオリジナルマイナーメタルを開発しています。


チタニウムを採用しているメゾン


・ピアジェ
・ブルガリ
・フランクミューラー
・ショパール
・ウブロ
・ロンジン
・ロレックス
・カルチェ
・ショーメ
エルガ=
6種類の金属(マグネシウム、チタニウム、アルミニウム、コッパー、シルバー、ジルコニウム)をブレンドしたフランクミューラー独自の新金属。

ハリーウィンストンにしてもフランクミューラーにしても独自にブレンドした合金にネーミングしているところがクリエイティブだと感じます。
合金のブレンドは無限に作ることが可能です。
身のまわりのステンレスにしてもその用途に応じた金種が多くの企業に開発されており、サージカルステンレスとは金属アレルギーに対応したステンレスです。
ウルトラハードプラチナやピンクゴールドもブレンドの合金のひとつです。

チタニウムは結婚指輪だけの素材ではなく、各ハイジュエリーウォッチブランドがオリジナリティを求めて研究しているのです。ウブロはタンタルも取り入れています。マイナーメタルは目の離せない研究対象です。
東京の渋谷に店舗があります実店舗手にとって触れて
お気軽にご相談下さいませ。納期も1週間から。



金属アレルギーの強い味方=チタン素材のブライダルリング

毎日身に着けるならどんな材質の指輪がいいのでしょう。
金属アレルギーを疑うなら、安全な素材のマリッジリングで作りたいはずです。
金属アレルギーといえばニッケルが原因と誰もが知るところですが、貴金属が原因アレルギー症状が出ることはあまり知られていませんでした。実際には、ジュエリーを身に着ける機会とその人それぞれの環境によります。
金銀、プラチナで金属アレルギーを発症するひとも増えているのが現状です。
ステンレスというのは、鉄(スティール)が主成分です。医療に使われる種類のものから、よくあるネジまでステンレスはさまざまなブレンドにより作られます。チタンは純度100%のチタンそのものです。混ぜ物はいっさいありません。



プラチナの2倍強い丈夫な素材で、色も自分だけのオリジナルで。

20130523-onepoint6368.jpg
チタンリング
ワンポイントを手彫り

記念のチタンリングを作るとしたら、たとえば思い出の場所、挙式した海外の印象に残るアイテムをワンポイントに彫る、チタン独特のカラーを施すなど、アイデアは無限に拡がります。チタンの専門のジュエリー工房なら、チタン加工に熟知していて、どんなかたちも実現不可能ではありません。
純チタン100%
純度100パーセントでも硬いチタン

wedding ring


チタンを素材に結婚指輪をデザインする場合、装着頻度の高い毎日愛用する指輪を想定して作ることになり、チタンの酸化と、使用による磨耗を検証してみます。

titanの性質

チタンは毎日身に着けられる場合は、酸化皮膜が生成する暇なくまんべんなく常に磨かれ続けるのと同じ環境にあります。使用により、プラチナやシルバー、ゴールドほど大きく磨耗せず、でこぼこのあるデザインでも十分永年楽しめます。丈夫さ、安定性からみてもチタンリングは日常ずっと着け続けるリングとして最適な素材ですし、これまで結婚指輪の材質とされてきたプラチナをはるかにしのぐ耐久性があります。
チタンはプラチナよりも耐久性に富んでいて、肌にもやさしい人に近しい金属の特性からこれから注目されている素材。それに加えて、サージカルステンレス、ロウ付けを使わないシルバーなどhttp://php.pro-dotto.com/マリッジリングとしてだけでなく、人にとっての親和性を考えたアクセサリーを研究していきたいと思います。伝統的に結婚指輪の材質はプラチナか金とされて、どこのブライダルショップにもプラチナ製のマリッジリングが並んでいることを誰も疑わなかったのがとても不思議なほど、チタンというと素材は結婚指輪の適正に抜きん出ていると思うのです。

日常を見渡すだけでもたくさんチタンに出会います。チタン製のマグカップからフライパン、チタンの耳かきまで出ています。
電気店に並ぶ最新のテレビも、シルバーなどと外装のカラーを指定する際、チタンというアイテムも選べます。携帯にもチタンというのがあります。洗濯機にもチタンパワーとラベルが貼られていたり。夏に使う日焼け止めにもチタンが配合。


メタルはすべて同じ銀色ではありません。チタンとそのほかのマイナーメタル(タンタル、ジルコニウム)とでも微妙に地色が異なります。
画像の一番白く見えるのがシルバー製のリングです。白の着色などいっさい加工を加えていないシルバーの地色は実はこんなに真っ白なのです。

他の金属と比較してみて初めてわかることです。
シルバーリング単体で見てみても、シルバー色にしか見えません。

一般的に、12色クレヨン+金色+銀色というのがありますが、いわゆる銀色は実はシルバーというより、チタンやプラチナ、ステンレスの方が銀色という形容が合っていると思います。

大人な印象のチタン。チタンのシックな色合いも、都会的なイメージとあいまって、男性にも人気です。
チタン製リング
まぼろしのモスグリーン
現在研究中のカラー
男の結婚指輪

試作;グリーン系チタン


ブルー系チタン、イエロー系チタンは安定して色を再現できますが、着色料をいっさい使わないため、渋いグリーンを出すのが難しい状況です。
試作研究中に、薬品のコンディションで偶然できた美しいグリーンを撮影しました。
残念ながら、まだ商品化できませんが、他のブルー系やイエロー系,
青味がかったグリーンなら安定して発色させることが可能です。
オリジナルな加工法で研究し、日々技術が進歩しています。これからもいろいろなグリーンチタンを開発します。

サイケデリックなレインボートーンもコントロールできます。

カーボン色にトライしている段階で、グリーンが偶然発色したり、いぶしたようなチタンの色あいになったり、まだ試行錯誤が必要です。
硬い金属が選ばれる理由はその耐久性の高さ。
せっかくの気に入ったデザインでも、日常の使用でプラチナは傷だらけに。
マットフィニッシュだったはずのゴールドの結婚指輪がたった1ヶ月足らずのうちにテカテカに変わってしまった人も多く、マリッジリングにゴールドが耐えられるのか、現代の豊富なメタルの選択肢から自分のスタイルにあった金属を選びたいというのは、当然のことです。
ハンマー仕上げ+いぶしチタン仕上げなどひとつひとつオリジナル加工
選べるリング素材:シルバー、チタン、プラチナ、k18、k18WGなど

人が加工する、人の手が入るといこと自体、チタンにとっては大事件といっても過言でないほど硬質な素材チタン。

それをねじまげて、指になめらかにつけるチタンリングにするには、とほうもない職人のわざが傾けられます。
硬いといっても加工出来る金属であり、カッティングの技術を駆使し様々なデザインがあります。
縁の無かった固い硬いチタンと指輪が出会うのに最も欠かせないのが、指輪のサイズの測り方 ノウハウ